日々、平安であれかしと願いつつ・・・。※出会い系・営業系のコメントは削除させていただきます。悪しからずご了承ください。禁・無断転載。

by mitzi156

「ちんぷんかんぷん」

「カニトフェルスタン」
オランダ語で「あなたのおっしゃることはわかりません」
という意味らしい。
私が読んだ本では「ちんぷんかんぷんです」と訳されていた。

このカニトフェルスタンを時々思い出す。
そうしてもう一回読んでみたいなあと思うのだけれども
タイトルも作者もまったく思い出せない。

主人公はたしかドイツ人だったと思う。
それがオランダヘ旅して、地元ではお目にかかれないものや
気になったものを、現地の人に「あれはなんですか」と
ドイツ語で話しかけるのだが、相手にはドイツ語がわからない。
そのたびに「カニトフェルスタン」・・・
「ちんぷんかんぷんだよ」「ちんぷんかんぷんですわ」と
答えられて、主人公はそれが人名と思い込んでしまう。
あれもこれもカニトフェルスタン氏とやらのものらしい
カニトフェルスタン氏はたいそうな金持ちのようだ、と。
町を散策するうち、葬儀が行われている教会の前に来た主人公は
「これはどなたのお葬式ですか」と通りすがりの人に尋ねる。
すると、またも「カニトフェルスタン」と答えられ
主人公は大金持ちのカニトフェルスタン氏の死を悼む。
・・・そんな話。

この話は、私が小学校に上がった頃に叔母が贈ってくれた
世界の文豪童話シリーズに収録されていた短編なのだが
ほかに、ジョルジュ・サンドの「花たちが話し合ったこと」
ロシアの童話「七色の花」、ドーデの「金の脳みその男の話」など
いまも忘れられないものがたくさんある。

このシリーズは、私も9歳下の妹も夢中で何度も読み返したから
ボロボロになってしまい、それでも何冊かは残っていたけれど
雨がしみたり、ネズミのえじきになって失われてしまった。


いま、ネットで話題になっている「モルゲッソヨ」
これが「知らない」「わからない」というような意味と知って
久しぶりにカニトフェルスタンを思い出した。
それにしても、あの “ モルゲッソヨ ” はすごい。
正式名もどこかで読んだはずだけれど、モルゲッソヨが
あまりにインパクトがありすぎて、正式名が覚えられない(笑)










[PR]
# by mitzi156 | 2018-02-11 02:32 | 本・コミック | Trackback | Comments(4)

春 ! (とりあえずは)

2月だ。
とにもかくにも暦の上では春。

「最強寒波が」とか
「今季一番の寒さが」とか
なんだか、毎朝のように情報番組で聞いている気がする。

私の記憶がたしかなら
(単に寒さに弱くなったのかもしれないけれど)
この冬は、いままでで一番寒い冬だ。

こんなに春が待ち遠しかったことはいまだかつてない。
こんなにも、寒さのせいでなにもかもが億劫な冬は初めてだ。
暑いのは苦手で嫌だけれども、寒いのもつらい。

こんな寒さも、せいぜいあとひと月半ぐらいのもの
それはわかっている。
過ぎてしまえばあっという間だが、待っている時は長い。

とりあえずは
とりあえずは、寒い時ならではのものを楽しむ
・・・楽しめるようにしたい(笑)







[PR]
# by mitzi156 | 2018-02-07 17:20 | 日常 | Trackback | Comments(4)

新しき革袋に(違)

長年使っていたリュックがかなり傷んできていたが
これはというものが見つからず、使い続けていた夫。

去年の暮近くに、ちょっと遠出した時に
ようやく「これなら」というものを見つけ購入。
せっかくだからと、夫は弁当箱も新調した。
車通勤で20〜30分から、電車を乗り継いで約2時間となったので
保温タイプなのは変わらないが、少しでも軽くしたいと
ジャータイプから、ソフトケースタイプに。

そのリュックと弁当箱は、年明けから使い始めた。
リュックはいままでのものより大きめになったが重さは変わらず
弁当箱はかなり軽くなったため、ちょっと楽になったという。

だがその弁当箱は、おかず入れが2つになったため
いままでのものより容量が増えた。
2倍とまではいかないが、まあ1.5倍というところだろう。
軽くなった上、ご飯はいままでより冷めにくくなったようだから
それは喜ばしいことなのだけれども、おかずが1.5倍になったのは
作り手にとっては、あまりありがたいことではない(汗)

いままでのような、超簡単・超時短で超手抜きの
フライパン1つでOK牧場の肉野菜炒め弁当を
こしらえるのは難しくなってしまった。
肉だけをひとつに、もうひとつに野菜を入れればって ?
(ヾノ・∀・`)ムリムリ
そんなことをしたら高校生男子が食べるような量の肉を
使わなければならなくなる。
「男子弁当」も、50すぎともなれば
一食分の肉が100グラムを超えるのはよろしくなかろう。

そんなわけで、おかずは最低でも3品必要になったから
弁当制作時間がいままでより10分か20分ぐらい
長くかかることになった。

とはいっても、娘は弁当を持たなくなったから
作るのは夫の弁当ひとつだけ。
それと「新しい弁当箱」は、自分が使うのでなくとも
なんとなくうれしい楽しいものと、どうも私は思っているらしく
何年ぶりかで、いわゆる「お弁当の本」を買ってしまった。

大変。面倒。
チラリとそんなことを思いつつも、心ズキズキワクワクなのだった。









[PR]
# by mitzi156 | 2018-01-20 01:10 | お弁当 | Trackback | Comments(2)
お菓子レシピと、未翻訳の小説を読みたいぞ ! という訳で
中学の教科書から英語をやり直そうと思ったのが、年の暮れ。

数日前からアニメ『赤毛のアン』の英語字幕付きを見ている。
押し入れの奥から、娘の教科書を引っ張り出してもらったが
さすがに中1の教科書では、小1の国語の教科書を読むような
そんな感覚だったので、教材としてアニメを見ることにした。

だが、文法はからきしなので、もの足りなくとも
やはり中1の教科書からやらねばと思う。
「中学レベルの文法が頭に入っていれば英語は話せるよ」
夫はそういうのだが、夫と私はいろいろ違う。
ていうか「話したい」のじゃないし。

英語は基礎英語からラジオを聴いていたらしいし
イタリア語も、ラジオ講座のテキストとカセットを
それこそ擦り切れるぐらい使い倒して学んだという
恐ろしく真面目で根気よく、地道な努力のできる人なのだ。
私ときたら直感に頼ってタリラリラーンと生きてきた口なので
根気も地道も、拝み倒さないととどまってくれそうにない。

あ。
「話したい」のじゃない・・・?
いや。そんなことも、ない。
話したいと思ったこともあったのだ。

娘が小学生の頃、近所に住んでいた子のおばあちゃんから
「アナタが英語話せたらワタシたちもっとお話できるのに」
と、日本語で言われて苦笑いするしかなかったあの日。

いつかまた、べス(そのおばあちゃん、フィリピン人)に
会うことがあったら英語で話したいと思ったものだったが
その子の一家も親類も、いまは近隣にはいないようなので
今生では二度と会うことはないかもしれない。

もしも、ベスと来来来世で会うことがあったら
共通言語で話せたらといいなと思っている。









[PR]
# by mitzi156 | 2018-01-13 12:59 | 趣味のはなしなど | Trackback | Comments(4)

成人の日

私どもの住む地域では、7日が成人式でした。

美容室でも着付け会場、成人式の会場でも
成人式を迎えるお嬢さんたちを何人も見かけたけれど
まあ、いまどきの子たちのスタイルのいいこと !

思い思いの色とりどりの振袖姿も美しく
うちの子もよその子たちも、みんなみんな幸あれと
心から願った1月7日でした。







More
[PR]
# by mitzi156 | 2018-01-09 00:45 | 日常 | Trackback | Comments(4)