人気ブログランキング |

日々平安

mitzi156.exblog.jp

日々、平安であれかしと願いつつ・・・。※出会い系・営業系のコメントは削除させていただきます。悪しからずご了承ください。禁・無断転載。

ブログトップ

1年と2週間。

ネロがうちの子になって、1年と2週間経った。

1年は早い。速い。
あっという間だったような気がする。
私的には大嵐の中だった去年。
いまも問題は大なり小なりあるのだけれども
それは、生きているのだからしかたがない。
人生楽ありゃ苦もあるさと、助さん格さんも歌っている。
亡き母は「この世は苦の娑婆」とよく言っていた。

大嵐が過ぎたかどうか・・・という頃にネロが来た。
疾風のごとく動き回る小さい存在に一喜一憂する日々だったが
なんとか無事大きくなってくれてホッとしている。
狭い家の中だけれども、これからも元気に走り回ってほしい。






More
# by mitzi156 | 2019-09-17 07:32 | | Comments(2)

かくて9月になりぬれば

6月の末だか、7月の頭ぐらいだったか。
その辺りから私は、親の仇のように即席しば漬けや
あちゃら漬けを作り始めた。

本家本元のしば漬けは乳酸発酵させて作る保存食。
酸味のある漬物だ。
ちなみに私は、幼少の頃から酸っぱいものは大の苦手。
にもかかわらず、今年の私は酸味のあるそれを
即席のではあるが、繰り返し作り続けていた。

半月ほど前、ギックリ腰になる直前に作った即席しば漬け。
いままでで一番の出来 ! と思ったのだけれど
かなり酸味が効いていた・・・らしい。
夕食時に、一口食べた夫が不思議そうに
「美味しいけど、平気なの ? 」と私に言った。
それを聞いた、あまり漬物を食べない娘が一切れ口にし
「うっ。歯にしみる」と言った。

2人ともなにを言っているんだろうと思った。
意味がわからなかったのだ。

が。一口食べてわかった。
「ん ? すっ・・・ぱ・・・い ?」
数時間前に味見した時には美味しいと思ったはずなのに
妙に酸っぱい。
「あれ。なにこれ。酸っぱいねえ。美味しいと思っていたんだけどな」
そう言った私に夫は
「いや、俺には美味しいよ ?でも、よく平気だなと思ってた」
と、言ったのだった。
「ずっと体調よくなかったんじゃないの」と娘が言った。
「えっ。ええっ ? そうなの ? いや、そうかも」倒れそうになる私。

作った時に美味しいと「いままでで一番だ」と思ったしば漬け
翌日には、酸っぱくて、私は一切れ食べるのがやっとだった。
暑さがほんの少しだけれど和らいだ頃だった。
たぶん、体が楽になって私の本来の味覚が戻ったのだろう。

自分では気がつかなかったが(なんで気づかないんだ・・・)
5月の下旬の急激に暑くなった頃から、体調が悪くなっていたらしい。
この半月ばかり、ギックリ腰、夏風邪による発熱、腸の不調と続いた。
慣れない仕事の疲れは多少あるものの
それでも、少しずつだけれど体調が回復しているのを感じる。

だるくてしんどかったこの2ヶ月近く。
暑さに弱い&猛暑だからしかたないのだと、ずっと思っていた。
体調が悪くなっているなんて考えもしなかった。
・・・いい歳して、あまりにもお間抜けすぎないか私・・・。

バランスを崩した体が、普段とは違うものを欲したために私は
酸味のある食べもの・・・本来苦手なものを、2ヶ月近く作り続けていたのか。

以来、即席しば漬けは作っていない。
例年ならば一度か二度作るぐらいの即席しば漬けを
今年は、いったい何度作ったんだろう・・・(爆)







# by mitzi156 | 2019-09-01 03:42 | 日常 | Comments(2)

わろしわろし

あまりに暑くて、いつもよりさらに低下する思考能力。
そうでなくてもズボラでダラなのに、拍車がかかっている。

でもだがしかし。
市の防災無線からは「熱中症に注意しましょう」と
このところ、連日アナウンスされているぐらいだから
無理は禁物である。

とはいっても、仕事には行かねばならぬ。
初春の頃から仕事探しを始めて
5月の連休明けに仕事が決まって
6月から就業とあいなったが、1週間もしないうちに
「うーん。これは無理かも。無理だな」と思ったのが心の修羅場。
重労働ではないし、職場はみんないい人だった。
だけど。
どうしようかなあと考えるうちに、暑さで体調が悪くなり
同じ頃に義父が入院したこともあって、ええい、いまのうちだ
中途半端に仕事を覚えてから辞めたのでは職場にも迷惑だ
ということで退社。

ひょんなことからいまの職場にたどりついた。
ママ友のひとりが店長を務める、某フランチャイズ。
(コンビニではない)
以前にも「うちにきてくれないかなあ」と
冗談めかしてお誘いいただいたことはあったが
なんぞあったら気まずくなるからやめておきましょうよと
その時は話が流れた。

そこにお世話になることになったのだから
やはりご縁があったのだろう。
互いに「だめだこりゃと思ったら、遠慮せずに言ってね」と言い交わし
先日初出勤の日を迎えたのだった。

仕事は、慣れるまでは大変かもしれないが
おそらく、私がいままでに勤めた中では一番ホワイト。
ていうか私、ブラックにしか勤めたことなかったのかもしれない
・・・と、一瞬目の前が暗くなった。

久しぶりのバス通勤。
バスに乗っているのもなんとなく楽しい。が。
この暑さ。

うちからバス停までの急げば5分とかからない道が
果てしなく遠く思えるこの暑さ。
バスを待つほんの数分が、何十分にも思えてしまう、この暑さ。
バスを降りて歩く、職場まであるいは家までの数分が(以下同文)

こんな暑さもせいぜいあとひと月ほどと、わかってはいるけれど
・・・・・・
せいぜい水分と塩分を摂って、乗り切るほかない。
どうぞ皆様も、ご自愛下さいませ。








# by mitzi156 | 2019-08-02 16:41 | 日常 | Comments(4)

蝉時雨

先日、千葉県北部の道の駅と農産物直売所をハシゴした。

途中、何カ所か林の中を通ったが、その度に蝉の声を聞いた。
蝉時雨。
まだ台風が来る前で、梅雨明け宣言も出ていなかった。
熱低になった元台風は、数時間の雨と風のあと
あっという間に去っていった。

地元の雨乞いの祭りも終わり、吹奏楽コンクールの地区大会も
いつの間にか終わっていて、7月もまもなく晦日になろうとしている。

1年が早い。
1年は早い。
時の過ぎ行くのは本当に、早い速い。

今年は母と叔母の新盆で、お盆が過ぎれば母の一周忌。
・・・猫がうちに来て1年になる。

やんちゃ盛りの仔猫は、時々騒ぎも起こしてくれたが
この1年、私たちはどれだけ癒されたかわからない。
猫の1歳は、人ならば17歳ぐらいらしいから
やんちゃな日々はまだ続くだろう。

やんちゃでもいい。
健やかであってほしい。
私たちも、猫のために、猫とともにあるために
できる限り健やかであらねば、と思う。













# by mitzi156 | 2019-07-29 06:56 | 日常 | Comments(4)

Neroは魚が好きじゃない

キャットフード。
ドライもウェットタイプも、主原料はほぼ魚。

たいていの場合、猫は魚を好むと思う。
だが、ネロは魚が好きじゃない・・・!

ドライフードも食べてくれるようになったけれども
どちらかといえば、まだウェットのほうが好きなネロ。
ドライフードのほうは、チキンが主原料のものも
結構あるのだけれど、ウェットは魚が多い。

同じものばかりでは飽きてしまって食べなくなるから
遠方のスーパーやホームセンターに行く機会があれば
新たなフードを求めて、ペットフード売り場に直行する。

魚が好きじゃないネロは、人間が魚を食べていても
気にしない。
魚の焼ける匂いにもまったく関心を示さず
パパが刺し身を食べていても見向きもしない。
これはいいことに違いない。
だけれども、先代猫のタニャや実家猫たちを思い出すと
「いいのかこれ・・・」と、つい思ってしまう。

ネロが我が家へ来て9ヶ月。
ということは、生後10ヶ月になる。
時々子供っぽい顔を見せることはあるけれども
もう、大人猫の顔に近くなった。
手のひらサイズだったのが嘘のようだ。

最近の写真はない。
寝ているか、高速移動しているかなので
どうも撮りそびれてしまう。
完全な大人猫の顔になる前の写真をもう少し残して置きたいが
私の腕ではむずかしい(汗)










# by mitzi156 | 2019-06-05 00:35 | | Comments(4)