そうだった、そうだった・・・   

2011年 01月 26日

牡丹と萩に頂いたコメントを読んで思い出した。

昔は盆・彼岸などの特別な時でなくとも、物日には
お墓だけでなく、神社や道ばたのお地蔵さんなどにも
お供えをしたものだった。

きょうびは、昔のように奉仕的に神社やお墓の
見回りや掃除をする人も少なくなってしまったから
どの家でも、お供えは形程度のものになってしまったけど。

そうして、そんな時期には、きまって墓地や神社などに
見慣れぬ人がやって来た。
うちは地域の共同墓地の近くだったので、よくそんな人を
見かけたものだった。
周りには家も田畑もあるから、人の目は常にある。
でも、誰も決してその見慣れぬ人には声もかけないし
見て見ぬふりをしていた。

私が子供の頃は、今のホームレスとはまたちょっと違う
乞◯と呼ばれる人がまだいたのです。
そういう人達が、お供えを目当てに来ていた。
混ぜご飯やぼたもち、果物、食べ物だけでなく、タバコや酒。
しばらくの間、それで凌ぐために。

それとは別に「神様や仏様のお下がりを頂くと病気をしない」と
言われていたので、体の弱い人や持病のある人などが
お下がりを頂きに来る・・・というのもあったらしい。

今も、ホームレスの人がやって来る事はあると聞く。
でも世知辛くなったというかなんというか・・・
そんな人に飲み食いさせるのは嫌だと言って
煙草は封を切って、酒は栓を開けてからお供えして
食べ物はお供えしたら持って帰る・・・というお宅もあるとか。
ただ、今時の霊園などは「お供えは持ち帰りましょう」という
規則があるそうだから、それは仕方がないのかもしれない。

昔は良かった・・・とばかりも言えないけれど。
今より、もっと心のゆとりと優しさがあったように思う。
[PR]

# by mitzi156 | 2011-01-26 01:10 | Trackback | Comments(0)

牡丹と萩   

2011年 01月 25日

牡丹も萩も好きです。
萩は、あの葉っぱの形も好きで・・・って
そうでなくて、ぼたもちとおはぎです。
季節によって呼び名が変わるだけ、という話もありますが
うちでは、丸めて餡やきな粉をまぶしたものを「おはぎ」
炊いたもち米に餡をのせたものを「ぼたもち」と呼んでました。

子供の頃から慣れ親しんだものは「ぼたもち」です。
おはぎは半殺しにしますが、ぼたもちはそのまま。
ぼたもちは祝儀にも不祝儀にも作ります。

祝儀としては「みつめのぼたもち」があります。
出産3日目に産婦が食べ、近所や親類にもふるまいます。
私が娘を出産した13年前には、母が作ってくれました。
当時、もうすでに廃れかけていた風習だったので
病院の看護師さん達にも喜んでいただけました。
若い友人などは、知らないらしい。

不祝儀では、三十五日か四十九日の法要時に(たいてい三十五日)
草鞋の裏側にぼたもちを塗り・・・というか、のせて
裏面同士を合わせて括り、杖にしばりつけて墓標の脇に立てます。
針の山を登るのに痛くないようにと言う事らしい。
法要のお膳にも供されます。
これは、今も行われています。

年に1度ぐらい、どうしてもぼたもちが食べたくなる事があります。
それはたいてい秋も終わりの頃か、冬の始め頃。

餡はあんこ屋さんで、もち米は2キロ入りがスーパーで買えるから
ささーっと研いで炊飯器でスイッチオン。
餡は水少々を足して、火を入れて練り直すとぐっと美味しくなるけど
たいていは省略。

1合炊いて、1人のお昼ご飯と、おやつに。
家族にはあんまりウケないので1人で食べる。
秘密の味です(笑)
[PR]

# by mitzi156 | 2011-01-25 13:43 | Trackback | Comments(2)

むかしの味   

2011年 01月 24日

コーヒーも好きだけれど、やはりお茶が好きだ。
紅茶ならアールグレイとか、キーマン茶のブレンドが好きで
ずっとそればかり飲んでいた。
が、ある程度の年齢になってくると体調の良くない時など
それは、少々くどい。

オレンジ・ペコをミルクティーにしてみた。
トワイニングのオレンジ・ペコ。
うすめにいれてストレートで飲もうと思ったけど
湯を注いだ時に、ふわっと立ち上った香りで
「何か」を思い出したような気がして、ミルクティーに。

おいしい・・・。
なんか、ほっとするような味だ。
当分これにしよう。
そういえば最初に飲んだ紅茶は、頂き物のティーバッグで
トワイニングかリプトンだったと思う。
昔の贈答用紅茶と言ったら、そのどちらかに決まっていた。

トワイニングのクイーンマリー。
滅多に飲まなかったけど、癖がなくて好きだった。
日本では手に入らなくなってしまったようで残念。
(もしかして廃盤・・・なのか ?)
フォートナム&メイソンのロイヤルブレンドも
好きなんだけど、これは田舎じゃ手に入らないし高い。
リッジウェイのHMBも田舎じゃ(以下略)

まあ、ヘタなものを飲むのなら日東紅茶の
デイリークラブとかデイ&デイで充分だけれども
もうちょいと繊細な味が欲しい時もある。
そういう時は、昔なじみのトワイニングに限る。
スーパーでも買えるというのがいい。
フォションの紅茶もスーパーで買えるようになったが
フォションは、ちょっと違うような気がする。
というか・・・
スーパーでフォション買うってのが、ね。
[PR]

# by mitzi156 | 2011-01-24 10:39 | Trackback | Comments(2)

ああ、そは彼の人か   

2011年 01月 22日

アガサ・クリスティのミス・マープルシリーズが好きだ。
イギリスのBBC等で製作されたテレビドラマを
某サイトで時々見ている。
テレビドラマは、ヒクソン版とマクイーワン版とあるけど
私はヒクソン版が好き。
ミス・マープルはやっぱりヒクソンが良いと思う。


小学校の5〜6年の頃だったか・・・?
テレビ東京で「世界名作ドラマ」というのがあった。
そこでBBC制作の『トム・ブラウンの学校生活』を見た私は
主人公トム・ブラウンの親友ネッド・イースト役を演じた
サイモン・ターナーに一目惚れ。
その後NHKで放映された『二人の追跡』で、ちょっと成長した
サイモンを見られたのだけど、その後、彼がどうしているか
まったくわからなかった。
子役だけで引退してしまったのかもしれない。
それとも、テレビか舞台で俳優活動を続けているものか。
いまどうしているんだろう・・・

と、ここまで書いてググりました(遅っ)
「サイモン・フィッシャー・ターナー イギリスのミュージシャン
 子供の頃からテレビ番組の子役として活躍・・・」
この人だ・・・ !
でも、ちょっとぶっとんだ記述が
「盟友であり仕事のパートナーでもあったデレク・ジャーマン」って !
ええーー ? デレク・ジャーマン ?
サイモン・・・そういう人だったの ? キャー♡(←www)

実は、顔もよくは覚えていないんですけど(爆)
家庭用のビデオデッキなぞ、なかった頃だし
写真の1枚もないんだもの。

でも、好きだったなあ・・・。
そうかあ・・・役者はやめて音楽の方に進んでたんだ。
うーん。全然知らなかったわ。
アルバムがアマゾンにあった。
聴いてみようかな・・・。
いや、やめておいた方がいいのかもしれない。
思い出は美しいままにしておいたほうがいい。


追記
ああ・・・この右手がアマゾンポチッしてしまいそうだ。
それにしても私、小学生の頃から「萌え」体質だったのか。
あの頃って、テレビで「太陽がいっぱい」を初めて見て
アラン・ドロン素敵・・・とか思ってた頃だ。ははは。
[PR]

# by mitzi156 | 2011-01-22 13:26 | 音楽 | Trackback

鶏団子鍋つくろう   

2011年 01月 21日

♪ 鶏の挽肉に みじん切りの長ネギ
 酒と醤油と 卵白と生姜汁
 片栗粉入れて ゴマ油を入れて
 よく混ぜたら 手の中で中で丸めて
 
 さあアクと脂 取りながらタンゴ 鍋で煮込むのさ
 野菜入れて フタしてタンゴ 鶏団子鍋 作ろう♪


天体戦士サンレッドという漫画がありまして。
アニメ化されて、TVKで放映されていたのですが
この“鶏タンゴ鍋”はそのエンディングテーマとして
流れていたものです。

アニメを見ているうちに、食べたくなりましてねえ
この通りに作ったら大変美味しゅうございました。
(あ、うちは卵白抜きの団子の場合が多いです)
野菜は白菜、ネギ、えのきは必須。
あとはお好みでドゾー。
豆腐を入れてもいいです。
鶏から旨味が出ますから、昆布だしに日本酒たっぷりと
うすくち醤油少々で結構です。
間違っても旨味調味料だの、ダシのモトをドカドカ入れちゃいけません。
だしと言っても、鍋に水を半分くらい入れて、10センチ角ぐらいの
昆布をペラッと入れて1時間以上置いておけばいいんです。
やや弱火でゆっくり火を入れ、ふつふつしてくる直前で昆布を
取り出せばOK(・・・牧場w)
昆布 ? んなもんないという場合はダシのモトをほんのポッチリ使いませう。

ポン酢やタレを用意するなんて面倒・・・と言う方は
吸い物ぐらいの味まで醤油を足すか、味噌を入れちゃいましょう。

鶏団子をねりねりするだけが手間の、美味しくて簡単なこの鍋。
残念ながらこの冬は、ほとんど出番がありません。
この前の冬の登板回数が多すぎて、家族に飽きられてしまいましてね。
・・・私、毎週でもいいんだけどな。
[PR]

# by mitzi156 | 2011-01-21 10:38 | Trackback | Comments(2)