<   2017年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧   

お菓子を食べてもいいじゃない   

2017年 04月 25日

先日、ツイッターのタイムラインを眺めていたら
『子どもの朝ごはんは「3日連続でドーナツ」』
 『今どきの母親たちの“トンデモ朝ごはん”に共感の声も』
というのが目に止まった。

なんじゃそら、またあれか、叩き記事なのかい ?
元記事を読んでみたらば、やはり微妙・・・。

栄養バランスは、1食単位で考えなくても1日の
いやいや、数日単位で考えたっていいんじゃないのか。
栄養学や食に関して常識とされることも
私の子供の頃といまではずいぶんと変わっているのだし。

朝ごはんにドーナツ。
それのどこが問題なのか。
食事制限のある人ならともかく、糖分とカロリーと
いっぺんに摂れるドーナツのなにがトンデモなんだろう。

大人だって、食べ盛りといわれる青少年だって
朝起きてすぐは、あまり食べられないという人も少なくない。
食が細い子や偏食気味の子も、好きなものならば
ちょっとは食べられるだろう。
とにかくなにか食べさせなくちゃ・・・これはもう
いってらっしゃいと送り出す側にとって重要事項だ。
共感どころの話じゃない。

日本の伝統的な朝食の、一汁三菜の・・・と言ったって
それらが一般的になったのは近年の話だ。
江戸時代もなかばの頃でも、一汁一菜ならば庶民には
いや将軍家や豪商以外には上々だった。
卵は貴重で高価なものだったし、川や海の近くでなければ魚も貝も
手に入らなかった時代は、そう遠い昔ではない。

時間がない、食が細い、あれは嫌これも嫌
・・・それでお腹空かせているよりも
大量生産の菓子パンやカップ麺を食べるほうがずっといい。
1年365日、毎日毎食「そればっかり」では問題だが
そんな人はそうそうないだろう・・・と思う。

子供の頃に見た、アメリカのドラマや映画の朝食には
マフィンやパンケーキがよく登場した。
大草原の小さな家シリーズなどにも、ビスケットや
ドーナツが出てくる。
コーヒーか紅茶に甘いパンやお菓子という朝食は
ヨーロッパでは、別にめずらしくもないという。

グラニタにブリオッシュをひたして食べるのは
シチリアの夏の朝の定番と、昔誰かの旅行記で読んだ。
宝くじが当たったら食べに行ってみたい。








More
[PR]

by mitzi156 | 2017-04-25 18:47 | 飲食 | Trackback | Comments(2)

そうか ! それならしかたない   

2017年 04月 19日

お天気になったら庭の草取りしよう
そう思っていたのだったが
昨日はあいにく、午後になっても風ビュービュー。

まだ花粉症も抜けきっていないし
気圧のせいでダルいし・・・と
ネコと一緒にダラダラ昼寝をきめこんだ(笑)

明日は、明日はせねばなるまいのう
そう思ったところ、ふとひらめくものがあり
某ブログを見に行く・・・と
土用 ! !
ああ、そうだわ、春の土用だ !

そうか〜〜〜
そーれじゃもう、しかたないじゃないの〜 ! (爆)
間日にでも、目立つのと伸びたらやっかいなのを
ちょちょっと花鋏で切っておこう。

土用の間に庭いじりなんぞしたらいかん
土公神様の御不興を買ってしまうわ。
ここはちと、ゆっくりしなさいやということでせう☆彡








[PR]

by mitzi156 | 2017-04-19 04:57 | 日常 | Trackback | Comments(2)

いつもの花と草と   

2017年 04月 18日

ひさびさの趣味で園芸。

ひざに矢を受けて・・・いや、悪くしてからは
かがむのがシンドイ時もあるので
ささやかすぎる小さな花壇ですら、手に負えなくなっていた。

最近ようやく落ち着いて、といってもバクダン抱えた状態だが
とにもかくにも落ち着いたから、庭にも目が行くようになった。

別件で、うちから2番めに近いホームセンターに行ったら
リナリアがあった。
いちばん近いところにも、少し離れた大きなところにも
もうリナリアは売っていなかったのだった。
大喜びで買ってきて、やや遅しのビオラと一緒に植えた。
それが、今月の6日だった。

ビオラとリナリア。
例年なら、前年の10月か11月には植えている。
遅くなった年でも2月か3月。
それが今季はビオラも植えず、こぼれ種で毎年芽を出してくれる
ノースポールやカモミールの植え替えもしないままに
春を迎えてしまったものだから、ミニ水仙が終わったあとは
植え替えられないままのノースポールがひっそりと
花を咲かせているだけだった。

ビオラとリナリアを植えたあとに
ごめんよー、すっかり遅くなったねえと思いながら
ノースポールとカモミールを植え替えた。
雑草も刈り取ってすっきりした。

せっかくの、すっきりした状態を保っておくためには
そろそろまた草取りをせねばならないが
昨夜からの風は、まだビュービュー吹いているし
気温が上がって春らしからぬ暑さになっている。

こんな日は、こんな日は寝転がって本でも読むに限る。
さて。
なにを読もうか。








[PR]

by mitzi156 | 2017-04-18 12:25 | 趣味で園芸 | Trackback | Comments(0)

ウミノムコウデ   

2017年 04月 15日

「海の向こうで戦争が始まる」
そんな小説があったなあと、ぼんやり考えていた
数日前の午後。

私がものごころついてからも、内戦や内紛も含めれば
数え切れないほど、海の向こうで戦争があった。

覚えているのは
イラン・イラク戦争、フォークランド紛争、湾岸戦争
なんとなく記憶にあるのは
ビアフラ、北アイルランド、アフガニスタン侵攻
ぼんやり思い出すのは、東ヨーロッパやロシア絡み
私が生まれる前に始まって、長く続いたベトナム戦争は
遠い国の話と記憶している。

海をへだてた向こうの国。
それが、遥か彼方ではなくおとなりの国となれば
カンケーないねとは言えない。
今日も明日も平穏で、平安であれかしと願いつつ
日常を送る。






More
[PR]

by mitzi156 | 2017-04-15 06:02 | Trackback | Comments(2)

フッカツ   

2017年 04月 14日

娘弁当、本日よりフッカーツというか再開。

「荷物が少ない日はお弁当持っていきたい」と
娘が言い出した。
「コンビニ入ってもピンとこなくなった」のだそうだ。

わからんでもない。
外のものは、いろいろな意味で味が濃いから
どんなに美味しいものでも、続くとあきる。

家で作るものは、作り手や家族の好みに合わせるし
そうそう味濃くは作らない。
私たち素人は、プロの料理人や食品工場と違って
カッチリキッチリいつも同じ味は出せない。
「いつもの味」と言いつつ、微妙に味が違う日もある。
それだから、あきがこないのだと思う。

弁当再開初日にあたっての娘リクエストは
「おにぎりと卵焼きと鶏の唐揚げ」
王道かつ定番的な愛される弁当メニュー。

弁当ふたつと言っても、おかずはほとんど同じだから
別に大変ではない。
凝ったものを作るわけでもないのだし。

娘弁当は、早起きして作らなくちゃいけない。
大変なのはそれだけ(爆)







[PR]

by mitzi156 | 2017-04-14 06:20 | お弁当 | Trackback | Comments(4)

最近の弁当事情   

2017年 04月 12日

大荷物背負って満員電車に揺られていく娘は
「つぶれそうだし、少しでも荷物減らしたい」と
昨年春の進学早々に、弁当は終了している。

今月から異動となった夫は、勤務体系が少々変わるので
弁当はどうしたものかと話していた。
初日は勝手がわからないから、自転車走行時の行軍食
たたいた梅干しと鰹節のおにぎりを持っていった。
夜、帰宅した夫に「で ? 明日っからの弁当はどんなふうで ?」
聞いたら即答「いままで通り。でないと帰るまでもたない」
ということでランチジャー現役続行決定。

夫は、冷たいご飯があまり好きではないので
結婚以来、会社弁当はランチジャーでと決まっている。
昨日はご飯もおかずも、気持ち多めに詰めた。
おかずは、煮込みハンバーグエリンギ添え、卵焼き
ピーマン炒め鰹節あえ。

夕方のおやつ用にクッキーも持っていってもらった。
出勤時間が遅くなったので、朝に余裕で焼けた。
オートミールを消費しなければならないので
オートミールとレーズン入り。

さていかがなものか、足りなくなかったかな・・・と思っていたら
「あれでじゅうぶん」というのでホッとした。
出勤が遅くなったぶん、帰りも遅くなったのだけれども
仕事自体は、ほぼ一日中デスクワークだから重労働ではない。
あまり量を増やしたらカロリーを消費しきれなくなるから
さらなる増量はやめておこう。

今日のおかずは、肉団子と野菜の中華風炒めと卵焼き。
おやつは昨日と同じオートミールクッキー。

通勤時間がかなり長くなって、慣れるまでは大変と思うが
この2〜3年はすっかり自転車乗りになって鍛えているから
大丈夫だろう。

進学、就職、転勤など。
この春から生活が大きく変わった人はたくさんいるだろう。
慣れるまで、自分の中にリズムができるまでは無理をしないで
どうか毎日ご安全に。








[PR]

by mitzi156 | 2017-04-12 16:31 | お弁当 | Trackback | Comments(2)

桜吹雪に   

2017年 04月 11日

あの時。
もしも、オリンピック出場資格があったなら
背が伸びすぎなかったら
ケガがなかったら
もう少し、心穏やかに競技生活をおくれていたなら
・・・私などがあれこれ言うのは野暮なことだから
これ以上はもうなにも言うまい。


美しい、きれいな、夢の時間をありがとうございました。
浅田真央さんのこれからの人生に幸多かれと心から願います。









[PR]

by mitzi156 | 2017-04-11 10:17 | 日常 | Trackback | Comments(4)

鴻雁北(こうがんかえる)   

2017年 04月 10日

早いもので、4月もすでに10日。
今年はやっぱり寒かったらしく
桜の花も、まだ満開と言っていい状態だ。

娘の春休みが終わった。
夫の有給休暇も終わり、平常運転である。

満員電車でぎゅうぎゅう詰めで登校する娘は
「つぶれるからいい・・・」と
弁当はほとんど持たなくなったし
夫は今月から異動となり、出勤時間が遅くなったので
ひとつだけの弁当作りは余裕のよっちゃん(笑)

なにか変化がない限り・・・安くて美味しい社食があるとか
大荷物抱えて遠方まで通うとか、そんなことでもない限り
夫弁当は定年まで続く。
だけれどもそれだって、あと10数年ぐらいだろう。
・・・私らの年金はどうなるかわからないから
ヘタしたら生涯現役で、弁当はついてまわるかもしれないが(汗)
そういえば、一昨年私の実家の母が
「もう80だもの。まったくなあ、100まで生きたって
 あと20年しかないんだから」とすごいことを言った。
限りあることだから、楽しく、ありがたく、作っていきたい。

これまた早いもので、娘も今年はたちになる。
年が明ければ成人式だ。
幼稚園に入園した日、先は長いなあ・・・と思ったが
振り返ればあっという間だった。
学生生活はあと3年。
卒業後の進路によっては、すぐに家を出るかもしれない。
親と子が、一緒にいられる時間は案外短いのだ。

いま子供が小さくて、目の回るような思いをしている人は
子供が大きくなった姿など、想像するゆとりもないかもしれない。
うちはひとりっ子だったから、目が回ることもなかった。
おおむね平穏無事と言ってもよかったけれど
なにごともなくスイスイっと過ぎたわけでもない。

でも。
長いようで、あっという間だったなあとか
もうすぐ成人なのだなあとか、ふと来し方を思う時
娘関連では、いいことしか思い出せないのだから
よし(๑•̀ㅂ•́)و✧ということにしたい。
・・・私がおめでたいヤツなだけかもしれないが(爆)








[PR]

by mitzi156 | 2017-04-10 09:27 | 日常 | Trackback | Comments(3)

枝垂れ桜・2017   

2017年 04月 03日

今年も見てきた。
龍ケ崎市根町の般若院の桜。

八〜九分咲きというところだった。
今週いっぱいは大丈夫と思うが
見頃は今日明日というところかもしれない。

d0213179_17221459.jpg

写真は去年、夫が撮ったもの。
今年はカメラを忘れてしまい、娘がスマホで撮っていた。







[PR]

by mitzi156 | 2017-04-03 17:23 | 日常 | Trackback | Comments(2)